FT Technologiesは1981年Peter ElgarとDerek Cavendish-Pellにより設立されました。その事業はもともとは防衛をベースにしたリサーチプロジェクトに集中していました。1988年、Savvas Kapartis博士とStephen Norton博士が企業に加わりました。1990年代初期、可動部品のない弾道気象学の風速・風向エネルギーに関する軍の要求がありました。バトルフィールド設備上で確実に作動するのに十分な丈夫さを必要としました。

入手可能な機械かつ超音波テクノロジーには全て弱点がありました。Savvas Kapartis博士と彼の小さなチームがフェーズシフトの超音波学と測定を組み合わせて音響共振のコンセプトを発展させました。現在、これがFTセンサー全てを駆動するAcu-Res® technology の基礎を形作っています。

テクノロジーが特許化され、最初の製品、FT702が2000年に製品化されました; これは多くの軍使用に適した他機能を組み合わせたステンレススチール本体でした。これらの製品は幅広い風速・風向感知用途に販売されましたが、次第に製品の頑丈さが風速・風向タービン業界の発展に最適であることが明確になりました。最初の販売が2002年ヨーロッパの製造業者になされました。2003年、この革新的テクノロジーはRoyal Academy of Engineering(ロイヤル・アカデミー・オフ・エンジニアリング)の有名なマックロバート賞の最終候補でした。ビジネスは急速に展開しました。2003年、OEM機器統合のLM製品範囲が開発され、急速に防衛と民間防衛及び幅広い民間用途で引き立てを受けました。

2008年、最初の販売が中国でなされ、そこでのビジネスは急速に成長しました。成長し続ける需要に対応し、また、製造過程にロボティックスを組み込むため、2009年Teddingtonに新しい工場が設立されました。それ以降、 製品能力は2倍以上になりました。完全自動化、ロボット化風速・風向トンネルと組立と自動試験装置(ATE)など、製造は進歩し続けます。

FT702LTシリーズ製品はバージョン7から2011年発売バージョン22まで広範囲にわたる開発サイクルとなっています。2015年、当社はFT7シリーズという形で最新モデルを発売しました。FT702を生産し続ける中、当社は今では強化された精度と75m/sまでの読込み風速・風向スピードを備えたFT742、同様に強化された精度を備えた50m/sまで読み込むFT722を提供するようになりました。