Thales 土地&ジョイント部門は、 NBC有害予測システムに関する地上レベルの気象学情報の要求に見合うために 気象学センサーとシステムを設計することを望みました。

精密な気象学情報の提供は、プリューム方向、幅や化学的薬剤及び生物的薬剤からの脅威を決定する過程において不可欠な要素です。正確かつ迅速な気象学情報が有害予想や報告ソフトウェアに提供されるときにのみ、生命防護措置を実施する能力が達成されます。

Thalesは当社FTにアプローチして 最も過酷な 気候および 環境状況でさえも風速を確かに測定できるセンサーを提供できるか尋ねました。また、彼ら自身の設備に統合できるセンサーも希望しました。

FT702LMが理想的な解決策であるとわかりました。 METSMANは現在 選ばれた設定によりますが、平均故障間隔29000時間と、軍の作戦の厳格な要件も満たしています。ユーザーによるセンサーのざっとした目視確認以外では、正常な作動の間は「第一線」のメンテナンスタスクは不要です。

FT702LMのおかげで、METSMANは移動中、風速と風向を測定することができ、可動部品なしで、極度の低温のサインもなく、気象学情報を要求する全ての用途に最適となっています。

タイプ10タンクに固定されたMETSMAN。