HALOは、2002年以来英陸軍に奉仕したBAEシステムにより開発されたAcoustic weapon locating system(音響兵器位置検知システム)です。12センサーポストまでの分散配置を利用し、高射兵器発火やシェル爆発時に発生する圧力波を検知します。センサーポストは通常2~4キロ離れたところに展開します。

センサーポストにある幅広い気象学条件で検知された気圧波に関するデータは司令所に送り返されます。ここで、他のセンサーポストで検知された同じイベントに関連したデータが音源の位置を計算するのに使われます。HALOは気象学データを利用して、音の普及にある気候の影響に関する大規模なモデルを発生させ、デジタル地勢データベースと共に、将来的な音の飛行経路を計算するのに使用されます。これにより、HALOは正確に位置を計算することができます。

HALOは特殊設計FT702LMサーフェスマウントセンサーを組み合わせています。HALOが砂漠、山や極寒環境で使用されるとき、これら環境全てで働く風速と風向センサーを必要とします。

 

日本の富士山でHalometシステムを試験します。