背景:

風力エネルギー企業には沿岸に近い山にある幾つかのウインドパークがありました。その地理的条件のため、高度の湿気があったり冬の間 非常に寒い状況でした。彼らの600MWのタービン全てにメカニカルカップと風向・風速計が付いており、継続的に故障し続けていたので、再構築する必要がありました。また、重度の氷結が作動からメカニカルセンサーを止め 、タービンダウンタイムや利益の損失の原因となっていました。再構築しても、風速計は 支圧破壊により6-18か月後に再び壊れるでしょう 。

費用の掛かる交換サイクルを辞めるために、企業はより良い風速・風向センサーへの投資を決定しました。

顧客は当社にアプローチして、当社はテストとして少しのFT702風速・風向センサーを設置しました。

結果:

テストは、FT702超音波風速・風向センサーが過酷な状況に完璧に対処し、大いに成功しました。氷結が少なかったゆえに、顧客は必要な交換サイクルなしでアップタイム拡張を体験しました。FTセンサーは何年も交換が不要です。費用削減は、顧客が短期間で新しいFT風速・風向センサーの費用を埋め合わせることができることを意味しました。

推薦文:

私たちに超音波風速計の迅速な対応をサポートしていただいた過去数週間にわたる特別な努力に感謝しております。特に“顧客中心”、明確なコミュニケーション、また御社の工場訪問中に当社ディレクターに便宜を図っていただき、特に感謝しております。

貴チームの努力は、重大な氷結によるテクニカル問題を体験した風速・風向タービン200以上の追加導入に重大でした。FTチームのサポートのおかげで、私たちはスケジュール通りの導入を完了し、顧客への影響を最小限にすることができています。

この努力を支援した貴チームのメンバー全員に個人的な謝意をお伝えください。またFT Technologiesと私どもの間の更なる協調を楽しみにしています。

- 実行ソーシングリーダー – 再生可能
- 実行製品サービスリーダー – 再生可能