背景:

当社特許Acu-Res technologyは、素晴らしい氷結防止パフォーマンスを備えた小規模で簡単加熱センサーという結果を成します。当社は実際のパフォーマンスデータを生成することを希望し、独立測定キャンペーンを引き受けました。当社はカナダ・ケベックのTechnoCentre Éolienを独立パートナーとして選びました。非営利団体として運営するTechnoCentreは厳しい北部気候へテクノロジーを試験して適用させる企業を援助しています。

試験:

2013年の1月から5月の期間、カナダ・ケベック州の近くにあるメットマストにFT702LT風速・風向センサー2台(ヒーター装備)を設置しました。その現場は寒冷気候位置として見なされています。試験期間中、重度の着氷事象が9件報告されました。

試験期間中はケベック州のTechnoCentre Éolienが継続的にパフォーマンスを監視し、機械式の風杯型風速計(ヒーター装備/未装備)および「伝播時間(TOF)」に基づく従来型の超音波風速・風向センサーと結果を比較しました。

結果:

5か月以上の試験期間、FT風速・風向センサーは全体的に氷結防止状態であり99.9998%以上のデータ有用性を達成しました。加熱されたカップと加熱されていないカップ風速計がそれぞれ3.4%と13.8%の氷結レートを体験しました。競合社の超音波風速・風向センサーは作動中30日後にアイスインパクトにより破壊されました。TechnoCentre Éolienの報告によると、FT702LTセンサーは2台ともデータ可用性99.9998%以上を達成しました。

使用製品:

FT702

関連資料:

         

完全試験報告をダウンロードする           FT702LTデータシートをダウンロードする