FT Technologiesは、気象学測定には、低電力利用で正確かつ継続的なデータを提供しながら、過酷な環境状況に耐えるように設計された風速計が必要であることを認識しています。

当社は世界トップの風力タービン製造業者への一流サプライヤとして得た知識を利用しながら、FT Technologies は 、特に気象学用途の利用に設計され風速・風力センサーのWMO (世界気象機関)基準に見合うために風速範囲0-75m/sを備えた新しいFT742DM風速計をご紹介します。

どこでも使用可能

FT風速計は両極を含む世界中の気象学用途に使用されています。 顧客は気象観測所、ハリケーンリサーチ、氷河リサーチ、寒冷気候モニタリング、海洋学リサーチ、火事を呼ぶ気候への環境モニタリングソリューション、海事気候モニタリングや雪崩リスク検知においてFTセンサーを利用しています。 ケーススタディを読む。

推奨製品:  FT742DM

FT742ダイレクトマウント(FT742DM)は33.7mmパイプに全てが直接取り付けることができるように設計されています。

データシートをダウンロードする

可動、コンパクト、軽量

FT742DM風速計は小さく、高さ161mmそして受領は350gです。これで極めて可動となります。センサーはRS485またはアナログ4-20mA出力m/sのどちらかに供給可能であり、km/hまたはknotsで出力データに特定可能です。

頑丈かつ耐衝撃

劣化したり損傷する可動部品なく、 また 耐衝撃、耐震性のあるFT742DMは、雑に扱われたり辺りに投げられたとしても十分機能します。

強力な除氷

FT742DMには、サーモスタット制御の「全体型」加熱システムが装着されています。 センサーは、ユーザー指定する摂氏0度から50度の間のヒーター設定ポイントに温度を保ちます。3つのソフトウェア制御ヒーターを使用して、センサー全体にインテリジェントに熱を分配します。

低電力

FT742DMは電気使用量が非常に低いです。ヒーター未使用の場合、FT742は24VDCで30mAの電力しか使用しません。しかし、12Vでの稼働も可能なため、バッテリー駆動に最適です。

11V未満でも稼働しますが、ヒーターが自動的に無効化されます。したがって、着氷が発生する地域では、電圧を11V以上に調整することでヒーターを有効化する制御システムを設計できます。 これにより、所定の設定値でヒーターを稼働させることができます。最大電流量は既定値である4Aのままとするか、それ以下に設定できます。これによりバッテリーの消費を減らすことができますが、ヒーターの効果は当然その分限定されます。電力およびヒーターの管理方法に関するアドバイスをご希望の場合はご連絡ください。

より強力なシグナル

FT風速・風向センサーを特有にしていることは特許Acu-Res technologyを使用していることです。飛行時間を測定する標準超音波センサーと違い、フェーズ変化を測定するためにFT742DMは小さな空洞内で音響波を反響させます。Acu-Resは他の超音波テクノロジーより40db以上の信号 対 雑音比を作り出し、FTセンサーが干渉を受けにくくしています。

メンテナンスフリー

硬質陽極酸化アルミニウム本体は腐食、砂、埃、氷、日射、鳥による攻撃にたいして高度に抵抗力があります。センサーはIP67基準で密閉され、空気の温度、圧力または湿度の変更を本質的に補正します。

品質

当社は、当社の徹底した技術と、製造過程・製品の品質に誇りを持っています。全てのデザインと製造はイギリスの高度な技術を有するチームにより実行されています。当社センサーは、すべて100%風力トンネル検査済みで、出荷前の較正も行われています。FT Technologiesは適切に ISO 9001品質保証システム認証、ISO 14001環境マネジメントシステム認証 を有しています。