FT Technologiesは高性能超音波音響共振風速・風向センサーのデザインと製造に特化しています – また風速計やエアフローセンサーとしても知られています。当社のセンサーすべては、特許取得済みの当社のAcu-Res® Technologyによって駆動されており、小型軽量センサーが信頼できる風速・風向データの提供を可能にします。一般的にユーザーは最も厳しい天候状況下においても、99.9%以上のデータ有用性を体験します。

FT Technologiesは 1981 年に設立され、30年以上事業を継続しています。当社は2002年に風速・風向センサーを風力タービン業界に販売開始しました。現在、当社は顧客の中に世界トップ15社のタービン製造業者のうち11社を備えた業界最大のサプライヤです。 世界中の全洋上タービンの70%以上がFTセンサーを備えているため、弊社は洋上風速・風向エネルギーセンサーでの市場リーダーとなっています。世界中の全洋上タービンの70%以上がFTセンサーを備えているため、当社は洋上風速・風向エネルギーセンサーでの市場リーダとなっています。

当社最新製品FT742とFT722は強化な正確性を提供し、FT742には75m/sまでの風速読込範囲が備わっています。FT742-DMダイレクトマウントはパイプにも直接固定されるので、気象学、海洋、環境と防衛業界の顧客に理想的です。

FTセンサーは気象観測所、海洋ブイ、世界一高い建物の上や鉄道に沿って、用途範囲で世界中に設置されてきました。当社の FT702LM センサーは、室内外における小型かつ頑丈、高品質の気流測定装置を、他社製機器に組み込むために設計されています。FT702LM は、車両・船舶システムからクリーンルームに至る広範囲に及ぶOEMの用途に使用されています。詳細はこちら

FT風速・風向センサーを独特にさせているものは弊社の音響共振テクノロジーの利用によります。経営執行役会長Savvas Kapartis博士による発明および1997年特許を取ったAcu-Res®は風速と風向の測定に向けた半導体(不稼働部分)テクノロジーです。小さなキャビティの中に共振される音響(超音)波を利用しています。Acu-Res® テクノロジーの利用により極度な天候状態下においても確実に作動する小さく、熱しやすいセンサーとなります。

当社は、当社の徹底した技術と、製造過程・製品の品質に誇りを持っています。全てのデザインと製造は高度な技術と独創的なイギリスベースのチームによって西ロンドンTeddingtonの当社工場で行われています。当社センサーは、すべて100%風速・風向きトンネル検査済みで、出荷前の較正も行われています。最近、当社は最大フロースピード80m/s以上でほぼ乱れのない新しい完全自動化風速・風向トンネルを設計し設置しました。当社の新FT742とFT722全製品は本トンネルで校正されます。

本社はTeddingtonにもありますが、当社製品の98%は輸出されており、また、デンマークやアメリカには販売事務所を構えています。当社はネットワークや販売業者を使って南アメリカやアジアの当社顧客に供給し、中国に専門テクニカルサポートスタッフがいます。
風速・風向エネルギー業界は著しく成長しており、FTはそれに合わせて成長しています。 過去10年、当社は規模が3倍になりました。現在、当社は約60名の従業員を備え、常により質の高いエンジニアを求めています。

風速・風向エネルギーとFT Technologiesへの将来は明るいものです。私どもは、新製品と新製造技術へ投資しつづけています。これにより、当社は風速・風向エネルギーにおける既存の顧客に一層お役に立ち、また、FT7シリーズ風速・風向センサーの強味と長所を気象学、海洋、および防衛におけるより多くの顧客に提供することが可能となります。