サポート / 設置 / サーフェスマウント (SM)

FT742サーフェスマウント(SM)ウインドセンサーは、幅広いエンジニアリングシステムへのOEM統合用に設計されており、コンパスとヒーターを備えています。 このセンサーは、UAV、ドローン、装甲車、自律型ロボット、ハンディ気象観測所、CBRN検出ユニット、浮遊ブイ、車載および船舶搭載の気象システムで使用されています。

センサーを回転させて、標準的基準、通常は磁北との位置合わせを確実にすることができます。または、統合されたコンパスがこれを自動的に計算することができます。

小型、低電力、高い堅牢性、重量わずか252gのFT742-SMは、振動と衝撃に対する耐性とRFイミュニティに関して広範囲にテストおよび認定されています。

データシートをダウンロードする
  1. 非シリコン潤滑剤をOリングに塗布し、センサーベースに正しく配置します。
  2. ケーブルを取り付け面に通し、センサーに取り付けます。
  3. センサーを取り付け面に置き、Oリングが完全に平らであることを確認します。
  4. センサーを回転させて取り付け穴の位置を合わせますが、これらは等間隔ではないことにご注意ください。
  5. 取り付けネジ(付属していません)を取り付けて締め、センサーベースの深さ5mmを超えないようにします。

雷および塩分が発生しやすい地域での設置に関する詳細およびガイダンスについては、マニュアルをご参照ください。

マーキング2には、Oリング溝(FT Oリング部品番号FT029、メーカー部品番号:2-127 OリングEPDM 70ショア)の位置が表示されます。 1つのOリングに新しいセンサーが付属しています。 Oリングへの潤滑剤の使用は、材料選択次第です。

Oリングの圧縮嵌めは、5x M3固定具を使用して固定されています。 雌ねじの深さは4.5mmです。取付面の厚さを考慮して固定具の長さを決めるべきです。 シーリングインターフェースの定期的な状態監視が推奨されます。

注意:M3の固定長が長すぎると、センサのネジやセンサが破損する恐れがあります。

センサーは供給電圧を6Vから30V DCまで必要とします(ヒーターを擁する場合最小限10V DC)。 ヒーターを有効にして、電源は2Aを供給可能であるべきです(最大)、それ以外は25mA(コンパスを有効にして29mA)。

すべての電気的接続は、風センサーハウジングのベースにある8ウェイ多極コネクターを介してデジタルセンサーに対して行われます。 コネクタのピン名称を以下に示します。 コネクタはIEC 61076-2-101に準拠しています。

ピン:1
RS422: oV
RS485HD: oV
FT009ワイヤーカラー*:ブラウン

ピン: 2
RS422: +VE (6030V)
RS485HD: +VE (6-30V)
FT009ワイヤーカラー*:

ピン: 3
RS422:TXデータA –
RS485HD: N/C
FT009ワイヤーカラー*:

ピン: 4
RS422:RXデータA –
RS485HD:データA –
FT009ワイヤーカラー*:

ピン:5
RS422:TXデータB +
RS485HD: N/C
FT009ワイヤーカラー*:グレー

ピン: 6
RS422:RXデータB +
RS485HD:データB +
FT009ワイヤーカラー*:ピンク

ピン: 7
RS422: N/C
RS485HD: N/C
FT009ワイヤーカラー*:バイオレット

ピン: 8
RS422: N/C
RS485HD: N/C
FT009ワイヤーカラー*:オレンジ

*注意:ワイヤーの色は、FT提供のFT009ケーブルにのみ適用されます。 他のケーブルは、異なる配色を使用する場合があります。詳細は お問い合わせください。

ヒーターと設定ポイント温度:

氷結状況下においてセンサーを最大限に利用するには、ヒーターを有効にして30°Cに設定してください。 これにより、空洞内の氷結や水分凝縮が起こりにくくなり、データ有用性を最大限活用することができるようになります。 また、継続的な本体温度が電気部品の寿命にとってより良いのです。

ヒーター設定ポイント値はHTコマンドを用いて調節可能です(詳細についてはユーザーマニュアルを参照のこと)。代わりにAcu-Test Packsを用いても調整できます。

2Aデフォルト電流制限が不十分である場合、ソフトウェアで6A(V22モデル以上)まで上げることが可能ですが、電源とケーブルが最低でも6 Ampsサポートできることを確認してください。

フィルタリング

センサー内部のフィルタを常に有効にしておいてください。 ウィンドセンサーを制御用に使用する場合、必ずフィルタ処理したデータを使用してください。 センサーは、内部フィルタを有効にしてフィルタ長さを1.6秒にセットした状態で出荷されています。

状態フラグ (エラーフラグ)

デジタル: センサーには内部自己検査メカニズムが備わっています。 風速出力メッセージにエラーフラグ文字を設定することで読取りが無効であることをお知らせします :

$WI,WVP=020.0,045,1*52〈cr〉〈lf〉

ここでも「0」以外の値は無効なリーディングが検知されたことを示します。

あなたのデータログ設備や管理システムがこの無効なデータを適切に処理できるということは重要です。これに関するさらなる詳細は取扱説明書を参照ください。

センサーの試験は当社Acu-Test Packで最も実績があり、それによりUSBを介してPCにセンサーを接続でき、リアルタイムで風速・風向を確認できます。 また ヒーター設定ポイント温度のような設定の変更を可能にします。

デジタルセンサーの場合、シリアルエミュレータプログラム(Tera TermやHyperTerminalなど)もAcu-Test Packで提供されるケーブルで機能し、通信をテストする別の方法です。 これにより、ユーザーはコマンドを送信し、センサーからデータを受信できます。 しかしながら、FT Technologiesは外部サイトのコンテンツには責任を負わないことを留意してください。

詳細は製品マニュアルに記載しています。取扱説明書を 請求する

ケーブルとコネクタの詳細に関してはアクセサリーを参照ください。

デジタルセンサーのAcu-Testデータシートをダウンロードする