FT Technologiesについて

FT Technologiesは、超音波ウインドセンサーの設計製造に特化し、風速計や気流センサーも知られています。 FT超音波ウインドセンサーを独自なものにしている点は、風速、風向、温度の測定に音響を利用していることです。

経営執行役会長であるSavvas Kapartis博士が発明し、1997年に特許を取得したAcu-Res®テクノロジーは、小空洞内で共鳴する超音波を利用しています。 小さな空間で強く共鳴する音波は、測定が容易な幅広い信号を発します。 Acu-Res®は、他の超音波テクノロジーよりもさらに40dbも強力なシグナル/ノイズ比を達成しています。

Acu-Res® テクノロジーを利用することにより、極限の気象条件下でさえ確実に動作し、小型で温度上昇が速いセンサーを可能にします。 センサーは小型であるため、効果的に電力を使用してセンサーの結氷を防止できます。 基本的に、Acu-Res® テクノロジーのおかげで、FTセンサーは、より堅牢で信頼できる風速・風向測定ソリューションを与えることにより、機械的なその他の超音波テクノロジーとは別格の存在です

2002年から風力産業に供給

風速・風向エネルギー業界は著しく成長しており、FTはそれに合わせて成長しています。過去10年、当社は規模が3倍になりました。現在、当社は約100名の従業員を備え、常により質の高いエンジニアを求めています。弊社は、新製品と新しい製造技術への投資を続けています。これにより、風力エネルギーの既存のお客様により良いサービスを提供し 気象学、, 海洋 、 防衛のより多くのお客様に音響共鳴ウインドセンサーの独自の長所と利点を提供できます。

風速・風向エネルギー業界は著しく成長しており、FTはそれに合わせて成長しています。過去10年、当社は規模が3倍になりました。現在、当社は約100名の従業員を備え、常により質の高いエンジニアを求めています。弊社は、新製品と新しい製造技術への投資を続けています。これにより、風力エネルギーの既存のお客様により良いサービスを提供し 気象学、, 海洋 、 防衛のより多くのお客様に音響共鳴ウインドセンサーの独自の長所と利点を提供できます。

英国製

風速・風向エネルギー業界は著しく成長しており、FTはそれに合わせて成長しています。過去10年、当社は規模が3倍になりました。現在、当社は約100名の従業員を備え、常により質の高いエンジニアを求めています。弊社は、新製品と新しい製造技術への投資を続けています。これにより、風力エネルギーの既存のお客様により良いサービスを提供し 気象学、, 海洋 、 防衛のより多くのお客様に音響共鳴ウインドセンサーの独自の長所と利点を提供できます。

未来は明るい

Savvas Kapartis博士とAcu-Res® テクノロジーの発明

Savvas Kapartis(サバス・カパルティス)博士(Acu-Res® 音響共鳴テクノロジーの発明者、FT Technologies経営執行役会長)

Savvas Kapartis博士、Acu-Res® テクノロジーの発明者

FT Technologiesは1981年Peter ElgarとDerek Cavendish-Pellにより設立されました。 その事業はもともとは防衛をベースにしたリサーチプロジェクトに集中していました。 1986年に、Savvas Kapartis博士は、Surrey(サリー)大学で、エレクトロニクスの理学士号と博士号を修了した後に、会社に加わりました。

1990年代、弾道気象学に関してウインドセンサーの軍事要件がありました。 問題は、可動部分がなく、戦場用装備で確実に動作するのに十分堅牢なものでなければなりませんでした。

その当時、従来型の音響風力計は、飛行測定の時間に依存していました。 それが意味するところは、機器は損傷を受けやすい繊細な武器が搭載された大型のものでした。

ある日、通勤途中でその問題を考えていたサバスは、急にアイデアが浮かんだ時、交通信号のところにいました。 小空洞の中で音響波が共鳴することになっていたとしたら、そして、変換器の間ではねている信号の上で移動する空気のフェーズシフト(位相変動)を測定したら? それから彼は仮定しました。 仮に小型、したがって、熱くなるのが速い、可動部分がないウインドセンサーを作れたなら?

独創的なステンレススチール超音波ウインドセンサー

独創的なステンレススチール超音波ウインドセンサー

数年の間、Savvasと少数チームは、音響共鳴を超音波学と組み合わせたコンセプトとフェーズシフトの測定を開発しました。 彼らは社内に自社製100m/s風洞をつくり、コンセプトをプロトタイプへと開発するため、エレクトロニクスソフトウェアを書きました。Acu-Res® テクノロジーは、1997年に特許取得しました。

最初の製品であるFT702音響共鳴ウインドセンサーは、2000年に生産に入りました これには、多くの軍事利用に合致する他の機能と組み合わされたステンレススチールボディが備わっていました。 それは広範囲にわたる風検知の用途に販売されましたが、次第に製品の堅牢さが発展する風力タービン産業にとって、理想的であることが明白になりました。 最初の販売が2002年ヨーロッパの製造業者になされました。 2003年、革新的なAcu-Res®テクノロジーが、名高いRoyal Academy of Engineering(ロイヤル・アカデミー・オブ・エンジニアリング)のMacRobertAwardの最終候補に選ばれました。

ビジネスは迅速に発展しました。今日、FT Technologiesは、風力エネルギー、防衛、海洋、気象学、加えてごく最近、ドローン無人航空機と航空宇宙の用途での使用におけるウインドセンサー(弊社独自のAcu-Res®テクノロジーを導入するすべて)を特別に設計し提供しています。

タイムライン

1981
1986
1990年代初期
1990年代後期
1997
2000
2002
2003
2004
2006
2009
2011
2014
2014
2015
2017
2017
2018
2018
2019

1981

会社創業
FT TechnologiesはPeter ElgarとDerek Cavendish-Pellにより設立されました。 防衛に関する電子工学プロジェクトから事業を開始しました。

1986

Savvas Kapartis博士が会社に加わりました。
Savvas Kapartis博士が会社に加わりました。 最初の従業員数は6名、FTのお客様基盤には、防衛省、大型MoDコントラクター、海外の同種組織があります。

1990年代初期

ウインドセンサー要件
弾頭気象学用のウインドセンサーにある条件が必要に。 可動部分がなく、戦場装備に搭載しても確実に動作するには十分堅牢であること、でした。

1990年代後期

音響共鳴気流センサーを発明
Kapartis博士と少数チームが音響共鳴を超音波学と組み合わせたコンセプトとフェーズシフトの測定を開発。

1997

Acu-Res® テクノロジーが特許取得
Kapartis博士と少数チームが音響共鳴を超音波学と組み合わせたコンセプトとフェーズシフトの測定を開発。

2000

FT702の最初の生産ユニット
FT702の初版にはステンレススチールボディ装備で、これには、多くの風力感知用途で使用されますが、すぐに風力産業の発展にとって、理想的であるセンサー設計だということが明白になります。

2002

風力タービン産業への最初の販売
FT702は試験を受け、有効化され、その後、世界最大のタービン・メーカーから数千に達する買付が行われました。

2003

Acu-Res® はMacRobert Awardの最終選考に残りました

2004

硬質アルマイト処理アルミニウムボディ
FT702のステンレススチールボディは、新しい硬質アルマイト処理アルミニウム設計に入れ替わっています。 これにより、とても高い耐食性が得られます。

2006

FTは、企業と持続可能な開発に対するQueensAward(クイーンズ賞)を受賞しました

風力発電産業の繁栄に伴い、事業開発オフィスがデンマークに設立されました。

2009

Teddington(テディントン)の新工場
風力タービンメーカーからの高まる需要に対応するため、風洞を保管し、FT702の生産を増強する目的でテディントンに新工場が建設されています。

2011

FT702LT-V22を発売
V22には、優れた雷およびEMC保護、インテリジェントな高速応答ヒーター制御、より高い密閉性を備えた強化ボディ、追加のキャリブレーションテーブルなどを含む、お客様が設定可能なパラメーターが備わっています。

北米への売上が増加すると、テキサス州に事業開発オフィスを開設。

2014

カナダのTechnoCentre Éolien(風力技術センター)でのテスト
カナダのケベック州にある風力技術センターでは、寒冷気候条件下のデータ有効性と防氷性能をテストするために、5か月の独立した測定活動が実施されています。 FTセンサーは、>99.9998%を超えるデータ有効性を達成します。

2014

中国で任命されたテクニカルサポート代表
FTは、北京に拠点を置く常駐のテクニカルサポートマネージャーを任命することにより、急成長する中国の風力産業とそのディストリビューターに対するコミットメントを示しています。

2015

FT722およびFT742を発売
新設計には、最高レベルの精度を実現する気流を調整する一連の「タービュレーター」が組み込まれています。 FT742は、最大75m / sの風速を読み取ります。

2017

Sunbury-on-Thamesの新工場と本社
増える需要に応えるために、FTは真新しい工場に引っ越し、サリー州 Sunbury-on-Thamesに新しい本社を設立しました。

2017

米国のニューハンプシャー州ワシントン山での極限の気象試験
FT742-DMセンサーは、「世界最悪の天候の本拠地」であるワシントン山頂上に設置されています。 観測所の気象学者は、その性能に大きな感銘を受け、常駐のウインドセンサーとして採用しました

2018

音響温度測定
ソフトウェアが更新されたことで、FT722およびFT742デジタルセンサーが風速と風向だけでなく、音響温度も読み取るようになったことを意味します。

2018

ドローン用FT205軽量センサー
新世代の軽量超音波ウインドセンサーの最初のものが発売されました。 グラファイトとナイロンの複合素材で作られたFT205は重量わずか100gです。

2019

Acu Vis 2.0がリリース
Acu Visソフトウェアのバージョン 2.0 により、お客様はセンサー設定をより簡単に変更できます。 より直感的なユーザーインターフェイスを備え、中国語、韓国語、日本語、フランス語、スペイン語、英語でご利用いただけます。

ワシントン山でFT超音波ウインドセンサーがテストされました

ケーススタディ

FTセンサーはアラスカからザラゴザ、北極から南極まで世界中で利用されています。 風力タービン産業への主要供給者としてFTセンサーは、いくつかの世界有数の超高層ビル群の上で、ハリケーンを追跡する携帯気象観測所で、装甲車両やドローン、海洋航行でも使用されています。

ケーススタディを読む