軽量

軽量パッケージで高性能。

FT205は、強風の風速、風向、温度検知ソリューションが必要なドローンやその他の無人航空機に搭載するよう特別に設計された、新しい軽量(100g)低電力ウインドセンサーです。

仕様を見る

軽量

軽量パッケージで高性能。

FT205は、強風の風速、風向、温度検知ソリューションが必要なドローンやその他の無人航空機に搭載するよう特別に設計された、新しい軽量(100g)低電力ウインドセンサーです。

仕様を見る

グラファイトとナイロンのコンポジット素材の使用により重量100gを実現した本製品は、ドローンおよび無人航空機 (UAV) 専用に設計されています。 弊社独自の音響共振テクノロジーを使用した本センサーは、超音波を使用して測定用の空隙内で風速、風向、気温を測定します。 本製品にはコンパスも内蔵しています。

見積書を得る

無人航空機システム

FT205は軽量なだけでなく、サイズもコンパクトで、優れた堅牢性も備えています。 電磁障害にも強く、完全密封構造により防水性も備えています。 動作最大高度4000m、使用温度範囲は-20°C ~ +70°Cです。

低電力で動作するFT205軽量ウィンドセンサーは、無人航空機のフライトコントロールシステムや、ドローンや遠隔操縦航空機からの環境監視に適しています。

ケーススタディを読む

無人航空機システム

FT205は軽量なだけでなく、サイズもコンパクトで、優れた堅牢性も備えています。 電磁障害にも強く、完全密封構造により防水性も備えています。 動作最大高度4000m、使用温度範囲は-20°C ~ +70°Cです。

低電力で動作するFT205軽量ウィンドセンサーは、無人航空機のフライトコントロールシステムや、ドローンや遠隔操縦航空機からの環境監視に適しています。

ケーススタディを読む

平面またはポールに取付可能

風を正確に測定するため、ウィンドセンサーはドローンのローターの風を受けない位置に取り付けてください。 ドローン機種により構造等の条件が異なるため、FT205はポールと平面の両方に搭載可能な設計になっています。 また、上下逆の姿勢でも取り付けることができます。 データはRS485HD、RS422またはUART接続経由で出力します。

FT205軽量ウィンドセンサーはモレックス製CLIK-Mateコネクターを使用し、600mmケーブルを付属しています。 製品パッケージには、ポール取り付けパーツ (ポールマウントセンサーアタッチメント、ポールマウントベース、ガスケット、ネジ) パーツも同梱しています。 外径20mmの必要長さのカーボンファイバ製ポールを別途、用意してください。

ドローン用FT205軽量超音波ウインドセンサー-平面に取り付け

サーフェスマウント

平面への取付けにはガスケットとネジを使用します。

ドローン用FT205軽量超音波ウインドセンサー-ポールに取り付け

ポールへの取付け

アダプターを使用して外径20mmのポールに取り付けます。

ドローン用FT205軽量超音波ウインドセンサー-モレックス CLiK-Mateコネクタ

サーフェスマウント

モレックスCLIK-Mate

詳細を確認する