背景: 

コミュニティ規模タービンでの様々な顧客が類似問題で当社にアプローチしてソリューションを求めています。

小規模30、50、100kWタービンにおいて、ナセルはユーティリティスケールタービンよりも物理的にコンパクトです。これは、風速・風向センサーが自家発電とナセル内のギアボックスにより近い位置にあることを意味しています。それらは超音波センサーを利用していましたが、顧客はナセルから発生する電磁波ノイズがセンサーパフォーマンスを干渉していることに気づいていました。これはセンサーがタービンと伝達することを止め、タービンは共に作動することを止めていました。彼らは当社にアプローチして FT風速・風向センサーがこの問題を避けられるかどうかを確認しました。

結果:

FT超音波風速・風向センサーがタービンコントロールに特別に設計されており、電磁波干渉 に高度に抵抗があるがゆえにノイズ関連問題ゼロだと顧客は気づきました。また、FT7シリーズは強度な音響音波を小規模な空間で作りだし、測定しやすい大きなシグナルを提供するので、 共鳴干渉からも被害を被りませんでした。