FT702LT風速・風向センサーはロンドンやバーレーンでの超高層ビルに統合された風力タービンに利用されています。デンマーク企業Norwin A/Sにより構築及び設置された風力タービンはそれぞれの建物の統合部分であり、住民が使用する電気を供給しています。

Strata Buildingロンドン

Strata Buildingは148メートル、43階、408アパート超高層ビル及びロンドンで一番高い住宅建築です。世界で一番最初の開発であり、風速・風向タービンを建物のファブリックに統合しました。3つの9メートル風力タービンはそれぞれ19kWであり、年間電気の結合50MWh を生産し、建物の一般エリアへの電力を供給するには十分です。

初期企画プロセス間、デザイナーは要求再生可能エネルギーターゲットでの権限10%に見合う方法を見つける必要があります。結果として、風力タービン、光電池(PV)セル、土壌熱源ヒートポンプシステム、太陽熱の全てが安定性と効率の試験済みです。風力タービンは、与えられた建物の高さと形に結果を出すために、最高の可能性を供給するため、追求されていました。

FT Technologiesは評価プロセスのあいだ相談を受け、当社はFT702LTフラットフロント風速・風向センサーを推奨しました。FT風速・風向センサーは取りつけられ、今日Strataタービンで完璧に機能し続けています。
図: Cmglee

バーレーン世界貿易センター

バーレーン世界貿易センターはバーレーン・マナーマにある高さ240メートル、50階からなるツインタワーです。2008年に150百万ドルで完成したビルのツインタワーは、3つのスカイブリッジにより連結されています。225 kW風力タービンは各ブリッジから吊るされ直径29mあります。トータルで、タービンはタワー全体消費電力の15%または年間約1.3 GWhを供給するように設計されています。

帆のような形をしたタワーは3つの風力タービンに海風を燃料に入れ、翼のような役割をして、その間に風速を加速させています。また、垂直のタワーが圧力を斬新的に縮小させ、オンショアの風力と上昇する高さとが結び付き、ほぼ同等の風力システムが各タービンに届きます。

 拡張風力トンネル試験で、タワーの形と空間の関係が「S」フローを作りながらエアフローをどのように形成するのか確信できました。これにより、中心軸のどちらかの側の45°内の風の角度が、風流の中心がタービンに平行したままであることは、確実となります。このように、パワーを発生するタービンの可能性は劇的に増加します。

風速・風向センサーをリサーチしながら、Norwinはマナーマの暑さ、砂っぽい環境に耐える製品を見つける必要があることを知っていました。 FT TechnologiesのFT702LTフラットフロント風速・風向センサーが選ばれ、 年間の検査よりもメンテナンスが必要のない、信頼性のある継続的に作動するタービンに設置されました。