Media coverage

風力エネルギー更新: 風力タービンO&Mでのセンサーの役割

2014年2月17日

センサーは風力タービンとメンテナンスを非常に向上させることができます。もちろん、提供されたセンサー自体は故障しないという条件です。

センサーから集められた情報はウィンドファーム・オペレーターが計画を進めるのに役立ち、過小応力のため故障する可能性のある部品やコンポーネントに識見を提供します。

予期せぬ故障や計画外の動作不能時間の可能性を削減するため、定期メンテナンススケジュール内予定前にこれらの部品を取り換えてよいです。もちろん、電子センサーホストのあるタービン設置は安くありません。
しかし、運用保守(O&M)の結果的削減は投資を正当化する以上に費用が掛かります、特に、例えば有害事象や気象学条件が原因のタービン故障の解決が数日や数週かかる可能性がある沖合ウインドファームにおいて。

また、センサーテクノロジーが最大かつ最も高価なタービンにおいてよりありふれたものとなるにつれ、その価値は小中規模タービンモデル製造業者によっても高く評価され始めています。

全記事を読む。

質問する 見積書を得る 専門家と話す