用途

風力タービン業界への一流サプライヤであるFTセンサーは世界一高い建物、気象観測所、鉄道、装甲板保護乗り物や海洋ナビゲーションにも利用されています。ベストセラーFT702および新FT722は風力タービンに最適であり、FT742DMは風速・風向センサーのWMO (世界気象機関)基準に見合うように特別に設計されています。

風力タービンコントロール

FT7 超音波風速・風向計は、風力タービンの先頭における厳しい環境で使用するために、耐久性に優れたタービン コントロール風速・風向センサーの設計におけるFT Technologiesの12年にわたる経験から生まれた製品です。

当社は2002年に風速・風向センサーを風力タービン業界に販売開始しました。現在、当社は顧客の中に世界トップ15社のタービン製造業者のうち11社を備えた業界最大のサプライヤです。世界中の全洋上タービンの70%以上がFTセンサーを備えているため、当社は洋上風力エネルギーセンサーでの市場リーダとなっています。

 

気象学

FT風速計は両極を含む世界中の気象学用途に使用されています。 顧客は気象観測所、ハリケーンリサーチ、氷河リサーチ、寒冷気候モニタリング、海洋学リサーチ、火事を呼ぶ気候への環境モニタリングソリューション、海事気候モニタリングや雪崩リスク検知においてFTセンサーを利用しています。

FT Technologiesは、気象学測定には、低電力利用で正確かつ継続的なデータを提供しながら、過酷な環境状況に耐えるように設計された風速計が必要であることを認識しています。当社は世界トップの風力タービン製造業者への一流サプライヤとして得た知識を利用しながら、現在FT Technologiesには、特に気象学用途の利用に設計され風速・風力センサーのWMO (世界気象機関)基準に見合うために風速範囲0-75m/sを備えた新しいFT742DM風速計があります。

 

防衛と安全保障

FT7シリーズ風速・風向センサー は、小型でありながら非常に頑強な受動型センサーであり、長年にわたり環境を問わず信頼性の高いサービスを提供します。

装甲車両やCBRN探知装置、弾道気象システムなどでも使用されています。

 

インフラ

Acu-Res®テクノロジーを搭載したFT7シリーズ風速・風向センサーは、耐腐食性に優れた非常に頑強なセンサーであり、ビル、鉄道、橋梁などの重要インフラにおいて長年にわたり信頼性の高いサービスを提供します。

現在ロンドン、ドバイ、東京のビルや日本の 磁気浮上式高速鉄道 の実験線に設置されています。

 

海洋

硬質陽極処理を施したアルミニウムのFT7シリーズ風速計は腐食、砂、塵埃に対する耐性に優れ、防水・防塵性能はIP67規格に準拠しています。

用途としては自動船位保持装置(DPS)、海洋気象学、ブイなどが含まれます。着氷防止機能が備わっているため、 厳寒環境下での使用に特に適しています。

 

ケーススタディ

FTセンサーはアラスカからザラゴザ、北極から南極まで世界中で利用されています。風力タービン業界にとって一流サプライヤであるFTセンサーは、世界最長建設物の頂上に、ハリケーンの追跡のための可動気象観測所に、また、日本の磁気浮上式鉄道のテストトラックや南アフリカのブラッドハウンド・スーパーソニックカーに利用されています。
質問する 見積書を得る 専門家と話す